僕が仕事を辞めるまで

元銀行員の大学職員が仕事を辞めるまでの軌跡。大学職員と資産運用等について適当に書いてます。ツイッターフォローもお願いします!@takasho1140

大学職員の志望動機を読みまくろう!現役大学職員35名分のES志望動機を一挙掲載!⑤

当サイトは移転しました。5秒後にリダイレクトされます。移転先はこちら→

 

f:id:stakahara3522:20190228005844j:plain
大学職員の志望動機を読みまくるシリーズ第5弾。

 

35名の現在も現役で働く大学職員の内定当時の志望動機を公開。

 

ひたすら読んで志望動機の書き方、内定する志望動機のパターンと傾向を読み取り、自分の志望動機に活かそう。

 

注意事項は以下の通り。

①新卒が多いですが、中途の志望動機も載せています。

②中には内容が似通ったもの、微妙なものもありますがご容赦下さい。

③学校名等、大学を特定する固有情報は「貴学」等の普通情報に置換してます。

④掲載している内定者の志望大学は異なる場合があります。

⑤題名には「新卒/中途」の表示と管理人評価をA,B,C,Dで記載しています。

 A:内定獲得に有利に働く可能性がある

 B:可もなく、不可もない

 C:内定獲得に不利に働く可能性がある

 D:内定獲得に不利に働く可能性が高い

⑥「ですます調(敬体)」は「だ・である調(常体)」に変更しています。

⑦志望動機の公開は1記事につき5つまでとし、分割での公開となります。

⑧合計公開数は増減する可能性があります。

 

ではどうぞ。

 

1.新卒採用【C】

研究成果を世界に還元し、国際社会へ貢献したいと考えた為。

 

社会の発展の為には大学の研究機関において挙げられた質の高い研究成果が必要不可欠である。私はそれを用いて社会を発展させるサポートがしたいと考え、大学職員を志望している。

 

貴学が持つ複数の海外拠点を活用する事によって日本だけでなく、地球規模で貴学の研究成果を還元出来ると感じている。また、海外拠点を持つ事で様々な国や文化と繋がりを有する貴学は、学生に国際的な課題に直面させる事でより高度な思考力、課題認識力を有する人材の輩出を可能としている。貴学職員として、より広い視野で自ら考えて行動できる人材を育成したいと考え、この度志望した。

 

2.新卒採用【C】

私が貴学職員を目指すのは貴学で働く多くの職員が自発的に物事を考え、自ら解決に向け働きける力があると感じた為だ。仕事を作業と捉えず、組織をより良くする為に真剣かつ積極的に考え取り組んでいる姿勢に強い共感を覚えた。

 

少子化が今後ますます深刻化する日本の未来を支えていくのは現代の子供達だ。学生時代の環境はその後の人生を形成する重要な鍵になる。現代社会で活躍する多くの貴学出身者の様に、今後の社会を先導していくような有為な人材をこれからも絶えず輩出していく為に、貴学職員として尽力していきたいと思った事も理由の1つだ。

 

3.新卒採用【B】

貴学であれば日本という課題先進国にてその課題解決を成し得る人材育成を通じ、社会の一員として日本社会に貢献する使命感を持ちながら、全く新しい領域に挑戦し続けられると考えた。

 

留学時に滞在した発展途上国にて目の当たりにした地域毎の教育格差に衝撃を覚えると共に、改めて日本の教育水準が世界トップクラスであると実感した。資源小国である日本が世界競争力を高める上で重要な鍵である人材育成に携わる事で少子化が懸念される日本社会を支えたいと考えるようになった。

 

貴学は国際的な繋がりに積極的なだけでなく、国内の繋がりも重視した共同研究への取り組みやそれを活かした教育システムを生み出す等、常に新しい挑戦を通じて更なる価値の創出、学生の可能性の拡大に尽力している。留学経験を通して培った幅広い視点や柔軟な価値観を自身の武器とし、様々な学生や教職員の異なる価値観の調整役として貴学に貢献し、日本の教育、研究水準の発展に貢献したい。

 

4.新卒採用【B】

創始者の教育理念の下、「個」を重視する貴学の教育姿勢に強く共感した。一貫教育やビジネススクールを通じて幼子から社会人まで、年代問わず学ぶ環境が整備されている貴学の学習環境は他大に見ない魅力を放っている。

 

少子高齢化、人材の海外流出等、日本の大学業界における懸念事項は絶えないが、常に挑戦、改革を行う貴学ならば日本を牽引する大学として今後の日本社会に貢献できると考えた。引き続き未来の日本を、世界を支えていく貴学職員として働き、社会の一端を支えるという責任感と誇りを持って仕事がしたい。

 

貴学と共に成長しながら、今後の社会を支える新たな人材の育成とその成長に貢献していきたい。

 

5.中途採用【C】

私が貴学の学生として学んだのは5年前の事だ。在学中から教育機関で働きたいという意思は強く、教員免許や司書の資格を取得し、現職では他大のメディアセンターにて司書として働いている。日々学生に寄り添った情報提供を心掛け、空き時間は情報管理に関しての資格取得や情報収集を通じて館内の情報整備に尽力した。その努力もあって昨年、現職の大学にて司書として名誉ある賞を頂く事が出来た。

 

何故大学職員、貴学を志望するのか。今の私を形作るのは幼い頃の教育環境だ。両親が教師だった事もあり、教育熱心な家庭で育てられた私は人間の育成には人間による教育が必要不可欠である事を実感し、その一助を担いたいと強く思うようになった。貴学は教育理念に基づき、日本社会への強い改革意識を常に持ち、常に過去に捉われない新たな価値の創出と人材の育成に力を入れている。日本教育業界の刷新、革命に熱心に取り組む貴学の姿勢に共感し、私もその一端を担いたいと思い今回の志望に至った。

【スポンサーリンク】