僕が仕事を辞めるまで

元銀行員の大学職員が仕事を辞めるまでの軌跡。大学職員と資産運用等について適当に書いてます。ツイッターフォローもお願いします!@takasho1140

大学職員の志望動機を読みまくろう!現役大学職員35名分のES志望動機を一挙掲載!②

当サイトは移転しました。5秒後にリダイレクトされます。移転先はこちら→

 

f:id:stakahara3522:20190220015901j:plain

大学職員の志望動機を読みまくるシリーズ第2弾。

 

35名の現在も現役で働く大学職員の内定当時の志望動機を公開。

 

ひたすら読んで志望動機の書き方、内定する志望動機のパターンと傾向を読み取り、自分の志望動機に活かそう。

 

注意事項は以下の通り。

①新卒が多いですが、中途の志望動機も載せています。

②中には内容が似通ったもの、微妙なものもありますがご容赦下さい。

③学校名等、大学を特定する固有情報は「貴学」等の普通情報に置換してます。

④掲載している内定者の志望大学は異なる場合があります。

⑤題名には「新卒/中途」の表示と管理人評価をA,B,C,Dで記載しています。

 A:内定獲得に有利に働く可能性がある

 B:可もなく、不可もない

 C:内定獲得に不利に働く可能性がある

 D:内定獲得に不利に働く可能性が高い

⑥「ですます調(敬体)」は「だ・である調(常体)」に変更しています。

⑦志望動機の公開は1記事につき5つまでとし、分割での公開となります。

⑧合計公開数は増減する可能性があります。

 

ではどうぞ。

 

1.新卒採用【D】

ボランティア活動を経て様々な「人との出会い」に恵まれた経験から「出会い」を作る仕事に興味を持ち、自分が最も多くの貴重な「出会い」を与えてくれた大学で働きたいと考えるようになった。

 

数ある大学の中でも貴学は人材育成、研究を初めとした様々な事業に取り組んでおり、多様な人が集まる場だ。その幅広い土壌を持った貴学を通じて1人でも多くの人の貴重な「出会い」に携わりたい。職員として、特に学生の授業参加を促し、「大学で築く人間関係の大切さ」を知って貰う事に尽力したい。

 

2.新卒採用【C】

大学はどんな挑戦も可能な場所だ。大学で留学に挑戦した事をきっかけに私の人生は大きく変わった。より多くの人が自分の様に挑戦するきっかけを掴み大きく成長できるようサポートしたいと考え、大学職員を志望するようになった。

 

中でも貴学職員を希望する理由は3点。

①伝統的かつ日本を牽引する大学の教育・研究に携わりたいと考えた為

②国際化対応として多様な面からスピーディに改革を進めている点に惹かれた為

③多様な業務が経験でき、常に意欲的に働けるだけでなく、研修制度を利用して自己研鑽に励める環境で大きく成長したいと考えた為

 

貴学という環境で、人々の成長を支え、共に成長する為に貴学を志望する。

 

3.新卒採用【B】

人の学びや成長を支える仕事がしたいと考え大学職員を志望した。塾講師のアルバイトや子育てのボランティア支援を通じて人の成長を見守り、支援する事に喜びを感じてきた。大学で強い意欲を持って学問に向き合う、様々な世代や立場の違う学生達と学ぶ中で、背景を問わず人々に学びの場を提供する学校を支えたいと考えるようになった。

 

貴学を志望するのは貴学が自分とって言葉に出来ない程大切な学校である為だ。貴学で学んだ10年間から自身の価値観や行動の軸となる基盤を築く事が出来た。行動の軸である「常に他者から学び、他者の気持ちに思いを寄せる」という価値観は貴学の周囲と学び教え合い、高め合う、人間の自立性を尊重した教育があったからこそだ。このような教育を貴学が永続的に社会に提供していけるよう、その発展に力を尽くしていきたいと考え志望した。

 

4.新卒採用【C】

大学の看板を背負う体育会に所属し、常に誇りを持って学生生活を送ってきた。毎試合歌う校歌や試合中に聞く応援歌は部の枠組みを越え、同じ大学に通う仲間や卒業生、世間までもを仲間とし、その結束力の強さを教えてくれた。そんな中、校歌すら歌えない学生がいる事に寂しさを覚えた。時代の変化に伴い、各人が所属するコミュニティは多様化し、大学淘汰が謳われる現在の学生の「母校」での活動や愛着は薄れてきている。今後ますます激化する大学業界において、貴学が引き続き日本を牽引する高等教育機関である為には在校生の頃から貴学の強みである愛校心、貴学を中心とした繋がりの意識を学生に強く持って貰う必要があると考えた。それが出来るのは教員ではなく、教育現場のシステムや仕組みを作る職員であると考え志望に至った。

 

5.中途採用【C】

貴学の教育理念や教育・研究を支える多くの業務に携われる事に魅力を感じ志望した。現職ではシステムエンジニアとして日々のシステム運営、課題解決に励み、「顧客が真に必要とするシステム」を追求してきた。研修、自己研鑽にて習得した知識は積極的にアウトプットを心掛け、常に個だけでなく、チームとしての成長に努めてきた。現職における自身の働き方は貴学の教育理念と一致すると感じている。

 

システムでの効率化こそが人の生活を最も豊かにすると考え、システム技術の向上に向き合ってきた。しかし、自身が真に携わりたい仕事は「誰かをサポートする仕事」である事に気付いた。今後はシステムという機械、物ではなく、自身の仕事が誰かの為になる喜びを感じて日々の職務に尽力していきたい。貴学の教育理念のもと、大学という新しいフィールドで学生生活のサポートや教育・研究を支えていきたいと考えている。

【スポンサーリンク】