僕が仕事を辞めるまで

大学職員になりたい人の参考書を目指すブログ。

「地方創生」とは?大学が取り組む地域活性化の重要性について知れ!

 

f:id:stakahara3522:20180809015932j:plain

「地方創生」

 

あなたはこの言葉の意味を知っているだろうか?

 

大学が必ずと言って良いほど行っているこの取り組み。

 

 

大学職員を目指す人はしっかりと理解しておこう。

 

 

地方創生って何?

地方創生とは簡単に言えば「地域活性化に資する取り組み」の事だ。

 

 

若者の地方から都市部への流出に伴い地域経済は縮小の一途を辿る傾向にある。

 

地域経済の縮小は引いては日本全体の人口減少に繋がり更なる経済格差へと、負のスパイラルを辿ることになる。

 

 

これを是正する為に行われる地域活性化を「地方創生」と呼ぶ。

 

 

もちろん地方大学だけでなく、中小企業や都市部の大学、企業を含め、国を挙げて取り組むべき施策として考えられている。

 

大学における地方創生

では何故大学において地方創生を行う必要があるのか。

 

それは若手人材の都市部への流出時期が関係している。

 

 

若手人材の都市部への流出は15~19歳、20~24歳に最も集中している。

 

大学進学時、大卒後就職時をきっかけに都市部へ出る若者が多く、近年は特に就職時の都会進出が増加傾向にある。

 

 

その為大学を中心とする地方創生を通じた人材の地元定着率の向上や地域雇用の創出に資する取り組みが重要視されている。

 

 

国立・公立大学における国からの補助金には地方創生を見据えた大学機能強化の為の枠も設けており、その額も年々増加傾向にある。

 

また、地方創生を目的とした高等教育の質向上を目指す為には大学全体の8割を占める私立大学の改革も急務とされ、国立・公立同様、予算が増額されつつある。

 

進む経済格差の現状(2017年10月時点)

地方人材の流出に伴う経済格差は日本において問題視されている少子化の一因ともされている。

 

 

大学進学時は47都道府県の内実に37都道府県で人材の流出が流入を大きく上回っており、そのほとんどが東京と京都に流れ込んでいる。

 

また、大卒就職時は47都道府県中41都道府県で人材が流出。

 

大学就職時は東京周辺に移動する人が多く、東京への一極集中が顕著に表れ、都市部と地域経済の格差を助長している。

 

 

地域経済の差は大学への進学率へも影響しており、最も高い県(東京都)と最も低い県(鹿児島県)の差は倍近く差がある。

 

 

 

結果として地方雇用や人口の減少に繋がっていくという訳だ。

 

具体的な取り組み

「地方創生」の取り組みは地方大学だけでなく、都市部の大学でも多く行われる。

 

 

地方大学は地域自治体や中小企業と協働、連携する計画を策定し、地元地域の雇用創出や地域社会の求める人材像の確立、育成を目的とする。

 

 

都市大学も同じように地方の中小企業や地方公共団体と協働し、地方の魅力向上に資する計画を模索している。

 

 

 

つまり、地方大学は「留める」政策を、都市大学は地方を知って貰う為の「広める」政策を取り、地域活性化を推進している。

 

 

大きな目標としてはが下記2点が挙げられる。

 

①地方における雇用創出

②地方における就職率の向上

 

具体的には地方の国立大学における特色のある学部の設置(地域専門人材育成に向けた取り組み)や都市大学の研究施設を地方に設ける(雇用創出等)取り組み等が挙げられる。

 

 

詳しくは文部科学省総務省が展開している資料を確認してみよう。

 

GOOGLE先生で「大学 地方創生」で一発で出てくる。

 

国としての地方創生

「地方創生」は内閣官房も毎年基本方針を制定するほど、現在の日本にとって重要な計画となっている。

 

 

その基本方針は「まち・ひと・しごと創生基本方針」と定められ、東京・地方における人口の転出入の均衡化を目的として制定されている。

 

この計画では大学だけでなく、人のライフステージ毎の取り組みが定められており、国としてどのような対策を練っているのかが確認できる。

 

 

毎年制定されてるので是非確認して検索してみて欲しい。

 

まとめ

「地方創生」は多くの大学で取り組まれる施策の1つだ。

 

東京・都市部への人材流出を是正する為、地域社会と協働して地方の魅力向上、就職率の改善を目指して様々な対策が取られている。

 

国も予算や補助金の増額等を通じて全面的に協力しており、今や国を挙げて対応する大きな計画となっている。

 

 

 

より魅力的な大学、より魅力的な日本を目指し行われるその取り組みについて大学職員志望者にはしっかり注目して貰いたい。

【スポンサーリンク】