僕が仕事を辞めるまで

大学職員になりたい人の参考書を目指すブログ。

大学職員転職者が陥りがちな最大の罠に君は気付いているか?

 

f:id:stakahara3522:20180801011450j:plain

銀行員から大学職員に転職して早数年。

 

職員業務にもほどよく慣れ、閑散期の今は定時帰りの天国ループに突入してる。 

とは言っても転職1年目は定時帰りがなかなかできず、どちらかというと課内では帰りが遅い方だった。

 

銀行と比べて仕事は確実に簡単になっているのに...。

 

 

なぜだ???

 

 

恐らく多くの大学職員転職者が衝突するであろうこの疑問。

 

 

今回は大学職員転職後の仕事の運び方について管理人の考えを紹介したい。

 

 

大学職員という仕事を舐め腐る

大学職員に転職する人間にはありがちなミス(というか管理人が犯したミス)。

 

大学職員=超楽、天国のような仕事

 

大学職員は「とにかく楽」というイメージで転職してくる人が多い。

 

自分もその内の1人だ。

 

まぁ、銀行員に比べればこれは間違いでは無かったのだが、このイメージにより管理人の脳内は

 

銀行員 > 大学職員

 

つまり、

 

「社会人として大学職員より銀行員の方が上

 

 

「銀行員はぬるま湯に浸かってきた大学職員に比べれば圧倒的に優秀

 

こう考えて仕事に臨んでいた。

 

 

しかし、これは仕事を進める上では大きな間違いだ。

 

仕事や職種が変わる以上、周りに求められるものも変わってくる。

 

 

大学職員に転職が決まったそこの君!

 

嬉しいのは分かるが、真に天国のような仕事をしたいのならその社会人カーストはそっと胸の奥にしまいこめ。

 

 

君は大学職員に必要な要素が見えていない。

 

大学職員にバイタリティは求めない

もちろんバイタリティや社会人としての総出力は営業目標をこなし、厳しいプレッシャーを跳ね返してきた銀行員の方が上かもしれない。

 

厳しい営業目標をこなすメガバンクの総合職(営業)には辛い壁を乗り越えるエネルギーが、契約を成約に押し込む「突破力」が求められる。

 

 

しかし、大学職員にバイタリティは必要ない。

 

大学職員に「突破力」は求められていないのだ。

 

 

何故なら大学職員の職種は「事務」

 

事務員に求められるのは依頼された書類を適切に処理出来る正確性。

 

毎月同じ業務を繰り返し行う大学職員にとって、安定した事務処理こそ、なによりも評価されるスキルだ。

 

大学職員(事務員)の最大目標とは何か?

これに気付かず、ひたすらに事務業務を「突破」しようとする管理人。

 

銀行員時代と同じように、納期の定められた優先順位の高い業務をひたすら処理。

 

納期の無い優先順位の低いものについては後に回し、最悪そのまま放置というスタイルを貫いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務なのに。

 

 

話の流れから分かる通り、これは大学職員に求められる業務推進ではない。

 

 

事務は先ほども述べた通り来た書類を適切に処理するのが仕事。

 

優先順位が低いにしろ、「放置」という仕事の運び方はいただけない。

 

 

銀行員は最大目標が「営業成績」なので数ある仕事の中から実績に繋がる仕事をピックアップし、目標達成を目指せばいい。

 

 

なので終わって無い仕事があっても(好ましくはないが)問題無いが、大学職員は違う。 

 

来た書類を「全て」適切に処理する。

 

 

これが大学職員の最大目標だ。

 

転職前と転職後の仕事を見比べよう

仕事によって求められる結果、必要なスキルはそれぞれ違う。

 

転職して浮かれる気持ちは分からなくも無いが、転職して間もない人は管理人と同じ過ちを起こさない為にも転職前と転職後の仕事を一度比較して欲しい。

 

 

前職と似ているところはどこなのか、逆に変わったところはどこなのか。

 

前職の強みはどこに活かせて、今後どんなスキルを培う必要があるのか。

 

 

これによって今後の仕事での短期的な目標が見えてくる。

 

闇雲に、ただ何となく前職と同じように仕事を進めていては業務量が増えるにつれて徐々に支障をきたし、対応出来なくなってしまう。

 

 

まずは短期的な目標、今後の仕事の進め方・方針を定める事で転職先での順応力を高める事を意識しよう。

 

まとめ

大学職員という仕事を下に見るのは問題無い。

 

転職に浮かれる事も何ら問題は無い。

 

 

ただ、それに気を取られて前職と同じように仕事をしていると、意外と大学職員業務は上手く進まない。

 

仕事が変われば必要なスキル、求められる基準が変わる。

 

 

前職の仕事の進め方やスキルを活かしながら、足りないスキルを見極めて培っていく事が大切だ。

 

 

 

定時天国ループを目指して真の大学職員を目指そう。

【スポンサーリンク】