僕が仕事を辞めるまで

大学職員になりたい人の参考書を目指すブログ。

「自分はまだエントリー出来るレベルじゃない...」なんて言ってるやつは一生転職出来ない!

 

f:id:stakahara3522:20180613230113p:plain

転職に準備はつきもの。

 

しかし慎重になりすぎてはいないだろうか?

 

「新しい求人...でも今のレベルじゃまだエントリーするのは早いな...」

 

 

何て思っているそこのあなた。

 

 

f:id:stakahara3522:20180613225606p:plain

 

今日は転職において「今」行動する事が最も重要だという事を伝えたい。

 

 

中途採用募集は千載一遇のチャンス

転職において事前準備は大切だ。

 

 

 

質の高いES。

 

 

自己分析、業界分析。

 

 

面接の想定質問対策。

 

 

 

そのどれもが新卒の時に比べ、より論理的で濃い内容が求められる。

 

 

しかし、中途採用の求人はそうあるものじゃない。

 

毎年あるなんて思っていたら大間違いだ。

 

 

中途採用は「組織内の穴埋め」という意味合いが強い。

 

つまり穴が空いていなければ募集はない。

 

 

その穴が埋まってしまえば穴が開くのは1年後か、2年後か...

 

もうそのまま空かない可能性すらある。

 

 

中途採用募集を見かけたら準備が出来ていようがいまいが、スタートラインに立つ事だ。

 

 

「こんなチャンス2度とない」

 

 

そう思って今すぐエントリーだ。

 

 

 

本当に転職したいのならの話だが。

 

スタートがもたつく程、転職のハードルは上がる

レベルが上がればスキルが身につく。

 

 

 

外で培ってきた経験はどれ程なのか?

 

 

歳相応のスキルなのか?

 

 

 

転職の面接では人事は必ずこれらについて確認をしてくる。

 

 

人事が求めるのはコストパフォーマンス。

 

期待値以下のスキルしかない人材を人事は採用しない。

 

 

要するに歳を取っていれば取っている程高いスキルを求められる。

 

結果、内定へのハードルも上がるという事だ。

 

 

今目の前にあるエントリーの機会を逃したあなたを待つのはよりハードルの高い、いつ来るかも分からない、再募集の保証も無い選考に向けた先の見えない準備と辞めたいと思いながら妥協で通う仕事だけだ。

 

 

分かったら今すぐエントリーだ。

 

どんなに準備しても足りないものは必ずある

どんなに業界について詳しくなっても、どんなに自己分析をしても、面接では必ず予想外の事態に陥る。

 

 

必ずだ。

 

 

面接官は基本的な質問に回答出来るかどうかだけでなく、不測の事態に遭遇した際の対応についてもチェックする。

 

これは人事が作成する面接の評価資料からも確認出来る。

 

 

時には敢えて突拍子もない質問や圧迫等も行い、応募者を動揺させようとする。

 

それは予想のつかない、事前準備の無い対応にこそその人の本心が出るからだ。

 

 

つまり答えられない質問があっても人事には問題無し。

 

むしろ、答えられない質問に対し、丁寧に対応する事が大切なのだ。

 

それにエントリーしてからも準備は出来る。

 

 

 

まずスタートラインに立つ事。

 

 

 

全力を出すのはそれからだ。

 

あなたこそ、人事が今求める人材かもしれない

準備が出来ていないと言うのは主に自己分析や業界分析等、一般的な就職活動において基本的な項目である事が多い。

 

 

基本的な事が出来ていない=基準以下=採用されない

 

 

という考えからエントリーをためらってしまうのも分かる。

 

 

 

しかしもしあなたが、人事が長年求めてきた人材だとしたら?

 

基本的な項目が回答出来ないのは印象としては良いものではない。

 

 

しかし組織が早急に人材を必要としているとすれば?

 

そんな人材が目の前に現れれば、私が人事なら多少のマイナスには目をつむり合格にする。

 

 

組織の内部事情や人事の求める人材像について私たちが知る事は出来ない。

 

なので、

 

 

「自分こそ人事の求める人材っ!...かもしれない(笑)」

 

 

とわずかな可能性に賭けて、半ば面白半分でも挑戦すべきなんだ。

 

 

限りなく準備を行い、ひたすら情報を集めてようやく「いける!」と確信した応募者がエントリーシートで落とされるなんて事はよくある話。

 

その悲惨な話にあなたは片足を踏み入れているかもしれない。

 

 

 

なりたくなかったら今すぐエントリーだ。

 

まとめ

転職において準備は欠かせない。

 

 

しかし、準備しすぎても無駄になる事があるのも事実だ。

 

 

転職は1点集中ではなく、

 

 

より多くのチャンスに、

 

 

がむしゃらに、

 

 

「今」挑んでいくべきだと僕は思う。

【スポンサーリンク】