僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140。

【スポンサーリンク】

現役大学職員が伝授!最終面接で内定をもぎ取る、己の勝利への捻じ込み方!

【スポンサーリンク】

f:id:stakahara3522:20180116015204p:plain

相談事で多いのが最終面接での面接対策。

 

内定まであと一歩。

 

何としても内定が欲しいあなたは一応気休め程度にこの記事を読んでおこう。

 

 

今日は最終面接での最後の後押しについての掲載です。

 

 

最終面接だからと言ってやる事は変わらない

内定まで一歩だからと言って力む必要はない。

 

今まで通り、自分の伝えたい・アピールしたい内容を端的に、力強く伝える事が何よりも大切。

 

逆に最終面接だからと言って大幅に今までの発言内容や方針を変更すると墓穴を掘る可能性すらある。

 

 

大幅な変更は今までの選考で築いてきたイメージを壊してしまう危険性が伴う。

 

「この人はこういう人なのかな。こういう力を持った人だろう。」

 

と人事は最終面接までに面接の評価資料やES書類をもとにある程度予測を立てる。

 

最終面接でそれが急に崩れては応募者がどういう人材なのか判断がつかない。

 

 

どれだけ輝かしい経歴を、得体の知れない外部者を採用する事は難しいのではないだろうか。

 

賛否は分かれるかもしれないが、少なくとも僕が人事であれば抵抗感がある。

 

 

最終面接だからといってそれ以上自分を盛る、大きく見せる必要はない。

 

最終選考に進んでいる時点で、経歴・資質についてはある程度認められているはずだ。

 

後はいかに今までの自分の思いや気持ちを力強く伝えるか。

 

 

結局最後に残るのはいかに本気か、真剣に向き合っているかだろう。

 

人事として今までの自分を見返そう

先ほども記載した通り、人事は選考の中で応募者の人間性、姿勢、スキル、本気度等を見込んだ上で最終面接に君を招待している。

 

もちろん最終面接もそれと同等、もしくはそれ以上の内容を求めてくる。

 

 

では人事は自分をどう見ているのか。

 

これは是非最終面接前に確認しておいて欲しい。

 

まずは今までの面接内容を振り返ろう。

 

 

どんな質問をされたのか。

 

どんな姿勢、話し方だったのか。

 

人事はどこに食いついていたか。

 

僕は全て書き出して、今までの自分のイメージが最終選考でぶれないように意識した。

 

 

振り返る中でイメージの悪い点についてはカットしよう。

 

ブレないと言ってもマイナス点まで同じでは改善はない。

 

ポイントなのはあくまでもカットという点。

 

嫌いなものを好きと言ったりと、今までの質問の回答を真逆に回答するのはイメージの違和感に繋がる上に、

 

「前回の面接ではこのように回答されていたようですが、今回の面接で意見が変わったのはなぜですか?」

 

等と質問されては致命傷になりかねない。

 

 

「意見を変える」

 

「流されやすい」

 

「嘘を付く」

 

マイナスのイメージもついて回る。

 

最適なのはその点に触れないこと。

 

もしくは回答は同じにするが、その結論に至った理由やエピソードをプラスのイメージで話せるように練習しておこう。

 

 

あくまでも今までの自分のイメージやメッセージ・思い・姿勢を崩さずに、強調する事が大切だ。

 

その為にはまず自分がどう見られているのか、その分析が大切だ。

 

最終面接でも全力で臨まない奴は普通に落ちる

意思確認と思って最終面接に臨もうとしている君は今すぐ考えを改めよう。

 

最終面接ほど危険度の高い面接はない。

 

 

まず普通に倍率が高い。

 

今までの面接で応募者の数は絞っているものの、本当にいい人材は落とせない。

 

人気企業ともなれば尚更だ。

 

1000近い、それ以上の応募の中で輝く経歴を持つ人間は何人もいる。

 

が、内定には限りがある。

 

 

十人十色。

 

皆違って皆良い最終候補者達の中で生き抜くには他より良い印象を与え、目立つしかない。

 

そんな戦場で意思確認などと気を抜いている人間は必ず落ちる。

 

最終選考こそ最も真剣に臨むべきだ。

 

 

また最終面接では今までの面接で最も人事権力のある人間が出てくる。

 

その人の鶴の一声で天国にも地獄にもなりうるという事を肝に銘じておこう。

 

だからと言ってその権力者を面接で探せという事ではない。

 

 

油断をするなという事だ。

 

嘘でも第一志望ですか?は即答しろ

最終面接ではありがちな

 

「当社は第一志望ですか?」

 

の一言。これは必ずYESと即答しよう。

 

 

少しでも迷いが見えれば今までどれだけ良い印象を与えて来たとしても落ちると思え。

 

採用業務ではどんな有名・優良企業でも応募者の辞退がつきものだ。

 

人事は予定通り目標採用人数をクリアする為にも不安要素は除いておきたい。

 

ダイヤの原石でもない限り、落とされる可能性が極めて高い。

 

 

また転職の場合の最終面接では給与等の待遇面についての説明も多い。

 

説明した上で「どうですか?」と聞いてくる。

 

これについてはどう回答すればいいのか、管理人もよく分からないが管理人の転職の際は

 

「ありがとうございます。夢の実現の為の転職ですし、待遇面については今ご説明頂いた内容で十分です。」

 

と、嘘を付いてました。

 

 

給与面は自分では変えられないので、受け入れるしかありません。

 

例え提示された給与額に不満があっても、内定を取るまでは当り障りのない回答で切り抜けましょう。

 

 

また、当然面接の質問にも上手く回答できるよう、このブログの想定質問や今まで対策してきた回答集について見直し、何を聞かれてもリターンエースが取れるように対応力を磨いておこう。

 

ここまでくればもう、最後まで足掻いたもの勝ちだ。 

 

最後は気持ち

結局最後はいかに入りたい気持ちがあるか、そしてそれを最もうまく、強く人事に伝えた人が内定を勝ち取るのだ。

 

 

自分の何を見込んで最終に残れたのか。

 

それを見極めた上でシンプルに、ダイレクトに伝えるにはどうすればいいのか。

 

 

これが最終面接前に行うべき最後の対策だと思う。

 

要するに最初の面接からやっている事は変わらない。

 

 

 

内定はもう目の前だ。

 

残り数日間、最後のスパートは全力で、内定という名のゴールをかけ抜けよう。

 

【スポンサーリンク】