僕が仕事を辞めるまで

大学職員について書いていくブログ。あくまで管理人が勤務する大学内で起きる出来事について感想・考察を述べたものであり、他大学の運用については分かりかますのでご承知おき下さい。

今年もよろしく!2018年に大学職員の内定を獲る為の恋のA・B・C♡

 

f:id:stakahara3522:20180104044648p:plain

あけましておめでとうございます。

 

大学職員の高原翔です。

 

ブログ「僕が仕事を辞めるまで」閲覧頂き、ありがとうございます。

 

2018年もどうぞ宜しくお願いします。

 

 

さて、3が日も最終日。早い人は明日から仕事。

 

2018年上半期1の鬱がやってきますね。

 

大学職員は9日開始ですが、既に辞めたい気分です。

 

 

 

2018年一発目の記事ですが、去年の記事のまとめという意味合いも込めて、大学職員に就職、転職する為にとるべき行動は何なのかについて紹介したいと思います。

 

 

当時、銀行員から大学職員に一発で転職した僕が参考にしていたサイトやブログ、考えていた対策、心構えを一覧にしましたので参考にして下さい。

 

 

あくまで参考に。

 

 

【A】大学職員の募集状況を把握せよ

大学職員の募集状況についてはこれらのサイトで確認ができます。

www5a.biglobe.ne.jp

kouboinfo.com

 

全ての大学を網羅している訳では無いと思われるので自分が気になる大学については大学の公式ホームページを定期的にチェックするようにしましょう。

 

この他にも大学職員の募集状況について掲載しているサイトがあるかもしれないので、各自で検索してみて下さい。

 

僕は母校のホームページを週1で確認してました。

 

【B】大学について調べる

気になる大学が決まったらその大学と大学職員の待遇等について調べましょう。

 

名前が有名でも給料が低い、実は業務量が多くて大変なんて事では転職する意味がありません。

 

www.bank2university.com

 

「大学職員 年収」で検索すると大学の給与額についてまとめたブログ等が何件か出てくるので参考にしましょう。

 

確認が難しければ直接大学に行ってみては?

就職支援課等で就職について相談すればOBを紹介して貰えるかもしれません(大学によって対応は異なるかもしれませんが)。

 

僕はインターネットで大体の給与額について把握していました。正確な給与額や待遇については内定が出た後に内定先の職員に確認しました。

 

【C】ES、面接対策を始める

志望校が決まったら対策あるのみ。下記の記事を参考にES、面接での質問対策に取り掛かりましょう。

 

www.stakahara522.com

 

www.stakahara522.com

 

上が質問の回答における考え方について。下の回答編は実際に僕が面接で回答していた内容を記載したものになります。

 

想定質問も合わせて94問あります(Part 1~10)。これを網羅していればES、面接である程度は戦えるはずです。

 

僕は使ってませんが、下のサイトの「質問集:大学職員編」にも質問がかなり載っているので参考にしてみると良いかもしれません。

 

nagoya-naitei.com

 

【D】WEBテスト対策で対策本は買うな

選考が進むとWEBテストやテストセンターを受けろと指示してくる大学があります。

 

僕の大学もそうでした。

 

本屋でSPIについての本を購入しましたが、実際のテストとは難易度が明らかに低すぎて対策になりませんでした。

 

結果、テストは惨敗(選考はなぜか通過)。

 

転職活動当時唯一の失敗だったと思います。

 

WEBテストやテストセンターについてはやはり実際の試験を受けて対策するのが一番だと思います。テストセンターであれば使い回しもできますし。

 

就活時代、ESを適当に提出するだけでテストセンターが受けられる会社が何社かあったので、これからテストセンターを受ける人は、出来ればそういった会社の選考を通じて試験に慣れとくべき。

 

 

とりあえず本は買う必要ないです。

 

意味無し。時間の無駄です。

 

【E】その他

当ブログの大学職員に関する記事をまとめた一覧です。職務経歴書の書き方や、大学の社会的意義等、大学職員の業務内容についても書いているので参考にしてみて下さい。

www.stakahara522.com

 

 

下のサイトは当時僕が転職活動している時に見ていたサイトです。

 

大学職員に転職した際の体験談やその際の心境等について書かれていて、考え方や気持ちの持ちようについて参考にしていました。

 

employment.en-japan.com

 

ameblo.jp

 

管理人コメント

当時はこういった大学職員の転職についての記事が非常に少なかったのでひたすらネットサーフィン検索検索の繰り返しでした。

 

それを解消する為に立ち上げたのが当ブログ「僕が仕事を辞めるまで」になります。

 

ブログを始めて1年ちょっとでしょうか。

 

少しずつブログを見てくれる人や、転職について相談して貰える人が増えて来たので今年はサボりがちだった去年以上に更新を頑張りたいと思います。

 

 

改めまして、今年もどうぞよろしくお願いします。

【スポンサーリンク】