僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

あなたの仕事は何MODE?就きたい仕事の見つけ方

【スポンサーリンク】

 

f:id:stakahara3522:20171116023310p:plain

大学の書類に目を通しながら俺は思った。

 

 

 

「大学職員って誰でもなれる」

 

 

まぁ、どんな仕事もそうなんだけど。

 

やってけば慣れるんだろうけどさ。

 

先日の記事が「大学職員は噂ほど楽じゃないよ?」という内容だったので今日は大学職員がいかに簡単かについて話そうと思う。

 

  

 

HARD MODE【銀行員】

例えば銀行員。

 

 

大学職員になる前、俺はメガバンクの総合職として働いていた。

 

銀行で働いて3年経った後大学職員になったわけだが、

 

 

 

俺はもう二度と銀行員にはなれない。戻れない。

 

これはただ単に戻りたくないとか、忙しいから嫌だとかそういう話をしている訳ではなくて、専門性が高すぎる為だ。

 

 

①新卒銀行員は常に金融知識についての勉強を課せられる。しかも最低でも年1回同期全員で受ける一斉テストにより同期内で順位付けされる。要するに一生勉強。

 

②複雑化する金融ニーズにより金融商品は永遠に増殖。その度に販売についてのルールや管理方法について社内+国(金商法)によって縛られ、うっかりミスで破ろうものなら鬼詰め。下手すると犯罪者に転職できる。

 

 

①と②の連立方程式により下記解が導き出される。

 

解)銀行員に転職なんてもってのほか。

 

 

ようするに難しすぎて転職したとしても続かない。

 

難しいのに忙しい。

 

最悪でしょ?

 

例え転職したとしても尋常じゃない努力と忍耐力が必要なのは明らか。

 

 

思い出すだけでチビりそうだ。

 

 

EASY MODE【大学職員】

それに比べて大学職員はどうだ?

 

 

元銀行員の高原から言わせて貰うと、

 

 

「ザ・凡」

 

 

 

the bonだ。

 

 

事務員が職員全体の主である大学職員に業界の専門知識は必要ない。

 

想像は着くと思うが、銀行員に比べて専門性は圧倒的に低い。

 

 

大学にも普通の業界同様、様々な部署が存在するが専門的に必要な知識はほぼない。

 

確かに必要になる業務もあるかもしれない。

 

しかしそれは極めて稀。

 

経理であれば経理知識、人事であれば人事知識を身に着けていけばそれでいい。

 

それ以上求められず、従業員も特に望んでいない(少なくとも高原は)。

 

 

つまり事務手続きの流れさえ覚えてしまえば転職して即、戦力として戦えるのである。

 

業務外で特に勉強を行う必要も無く、プライベートは仕事については考えない。

 

そういった意味だと非常にストレスフリーだ。

 

 

最高でしょ?

 

転職して良かったもん。

 

 

人生【HARD MODE】より【EASY MODE】がいい

仕事が溢れかえる世の中で働き手が選ぶ職種は限りなく多い。

 

専門性の高いものや業務量の少ないもの。

 

創意工夫が必要なものもあれば治験のような実験台まで。

 

 

様々な仕事があり、仕事の難易度は人それぞれだ。

 

 

そこで大事なのが、

 

「働いてどうなりたいのか、どういう結果を得たいのか」

 

だと俺は思う。

 

 

ていうか書いてて思った。

 

 

新卒時代、高原は「ただ有名なところに行きたい」というだけでメガバンクに内定した。

 

ようするに働く上での目標がない。

 

そうすると働いていく中で「何の為に俺は銀行で働いているのか」という自問自答が始まる。

 

答えはない。なぜなら何も考えずに入ったからだ。

 

 

何の為に働きたいのか、仕事に何を求めるのかを改めて考えると、

 

「お金」だった。

 

仕事は高原にとって金を得る為だけの手段でしかないので、出来るだけ楽にお金を得られる職を探した結果、「大学職員」に行き着いた。

 

 

業務量は少なくないが、銀行員に比べると圧倒的に楽。

 

俺の仕事に求める「楽さ」もあるし、給料も銀行員時代とほぼ変わらない。

 

 

上記2行の連立方程式から「転職」という答えを導いた。

 

 

あなたは何モード?

人はいろんな理由で仕事をする。

 

モテる為、稼ぐ為、自分のステータスの為、エトセトラエトセトラ...。

 

 

でも中にはなんとなく仕事に就いた人も多いだろう。

 

新卒で就活する学生なんて大半がそうだと思う。たぶん。

 

 

新卒時に働く目的を見つけるに越した事はないが、就職してからでも全然間に合う。

 

 

改めて考えてみて欲しい。

 

 

どう生きたいのか、仕事はあなたにとって何なのか、何を重視するのか。

 

その答えが見つかった時、本当に就きたい仕事が見つかると思う。

 

 

 

 

 

そんな事を一切考えずに、「いかに仕事を辞めるか」この1点に照準を合わせて今日も開始3週間で2万円損した仮想通貨のアカウントを眺めていた。

【スポンサーリンク】