僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

暗黒の銀行員生活に差し込む「銀行員同期」という名の希望の光。

【スポンサーリンク】

 

f:id:stakahara3522:20171015180041p:plain

銀行員の同期は日本企業最高の同期と言っても過言ではない。

 

 

過酷な環境下にて育まれる絆というのは「桃太郎」「ドラゴンクエスト」を見ても分かる通り、他に代えがたい強靭な繋がりとなる。「過酷な環境」というフレーズにおいてメガバンクは他に類を見ない、強固な基盤を誇っている。

 

それに加えてその数。1500人の同期が同じ時期に入社したという理由だけで漏れなくパーティの一員と化す。商社採用人数200人、メーカー採用実績300人等消炭に帰す人海戦術っぷり。数だけで見れば日本一と言っても過言ではないだろう。

 

友達作りには持ってこいという訳だ。

 

その繋がりの強さたるや。仲間意識という観点では他に類を見ないチームワークを発揮する。まず訪れる第一関門は新人教育研修。高原が所属していたメガバンクでは入行したその日からバスで群馬県の山小屋に1ヶ月ぶち込まれる。

 

1500人の同期は各自30名程度のクラスに分けられ、金融知識のいろはから社会人マナーのハウツーまで徹底的に叩き込まれる。社会に出るどころか、軟禁され何故か高圧的な教育担当陣がそこでは今か今かとスタンバイしている。

 

まさに背水の陣。四面楚歌をも思わせる環境下では同じ境遇の人間同士いや、銀行員同期同士、団結するしかない。研修中の札勘テスト対策、紛失する行員証の捜索、研修教室への財布忘れの防止等、数々の試練を超える中でまずは研修クラスの団結が高まる。

 

 

とにかく傷の舐め合いがすごい。

 

研修が終わる一か月後には何かとキレる教育担当ともなぜか打ち解けており、研修同期という称号を得た新人社会人はメガバンク行員の一員として東京に帰る。

 

しかし、試練はまだ始まったばかり。

 

配属された拠点での新たな同期との出会いを喜ぶのもつかの間、メガバンク伝統の新人歓迎会が新人行員一同に降りかかる。「新人歓迎会」とは名ばかり。歓迎されるはずの新人銀行員が一発芸やダンスで拠点の先輩方をもてなすという理不尽極まりないイベントだ。

 

拠点長や先輩行員からは「これがお前らの最初の仕事だからな」と謎の脅しを毎日のように入れられ、本番1週間前には2年目の先輩行員がカラオケで芸の事前確認に訪れるほどの徹底ぶり。

 

1週間前にダメだったらどうするつもりなのか。何故もっと早く確認に来ないのか。その答えは銀行を辞めてしまった今では知る術もない。

 

 

そんなに興味もない。

 

業務後、近くの公園やカラオケボックス、土日のスタジオでの練習で自ずと拠点同期の友情も深まり、本番後の達成感と打ち上げのビールで気絶コースは確定。さらに、その後続く行内順位確認テストの過去問集め、クリスマスパーティでの一発芸、電話に出ない後輩の指導等、数々の困難を経て拠点同期の絆は確固たるものになる。

 

 

おおよそ1年で研修、拠点同期との繋がりは確立され、2年目に突入した段階で更なる進化を遂げる。

 

研修も仕事もある程度慣れ、銀行員としても余裕が出てきた頃他拠点との飲み会や休日の飲み会が増えてくる。研修や拠点同期を通して新たな同期に知り合い、それがマルチ商法的に増加していく。同期の友達は同期。飲めば飲むほど輪が広がり、気付けば週4だった飲み会が週8になっているはずだ。

 

 

辛ぁ、、。

 

まぁ歓送迎会等の正式な飲み会ならまだしも、同期間の飲み会は行くも行かないも自由。自分のペースで参加すれば調整は可能なはずだ。高原は飲み会が好きすぎて週10で飲み会に勤しんだ結果、出社後の朝礼で立ち上がれず、朝一トイレで吐きまくる事になるが、それはまた別のお話。

 

 

業務外に飲めばもう銀行どうのこうのの話じゃない。仕事の外での相談や遊びで関係はより深まり、人と人しての関係性に昇華する。銀行を辞めて大学職員となった高原もその恩恵に預かっている。

 

その証拠に銀行を辞めた今ですら金土日は銀行員としか遊んでいない。結果、大学職員の友達が全くできないというデフレスパイラルに突入し、お昼はぼっちでカップラーメンをすすっている。転職後の友人関係に影響が出るほどまでに銀行員の繋がりは強い。

 

「銀行は辞めるのを想定して人数を多めにとっている。」

 

入行前はこんな話をよく耳にして苦笑いしていたものの、今となってはありがとう人事!1500人も友達を採ってくれてありがとう!この噂を聞いてブルーになっている新人社会人の諸君、正直同期が辞める事はそんなにない。

 

同期が辞めるほど仕事が大変とかそんな事心配してんな。正直商社とか広告、テレビの方が大変だと俺は思う。

 

辞める心配なんてしてないで「1500人も一気に友達が出来る!」そう考えて遊びまくる銀行員生活を楽しみしてろ。

 

 

 

以上、銀行辞めた高原からでした。

【スポンサーリンク】