僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

毎日うどんだった俺の生活に明日から革命が起きる。

【スポンサーリンク】

f:id:stakahara3522:20170816224707p:plain

圧倒的金欠に陥っていた俺は商店街の圧倒的雑貨屋「MARUSEI」にいた。

 

 

金欠に陥ったのは至極単純な理由。

 

 

 

ぱちんこである。

 

圧倒的金欠

お盆に一発当ててやろうと諭吉三人従え向かった駅前のパーラーVスリーの番長、まどか、BINGOの3人に八つ裂きにされた俺は日々のお昼ごはんすら節約させられる苦境に追い込まれていた。

 

しかし、毎日のお昼を駅前260円の釜揚げうどんで済ます大学職員の気持ちがあなたには分かるだろうか?

 

 

え?

 

 

分かる?

 

 

だとしてもだ。来月のクレジット引き落とし額10万円を超えるこの絶望的状況を打開するには日々のランチ代を節約する他に無かった。

 

 

え?

 

 

食うな?

 

 

 

殺す気か。

朝めしも食わない(というか時間なくて食えない)、晩めしも吉野家のお持ち帰り牛丼の俺が昼めし食わなかったらどうなってしまうのかは読者の皆様も想像がつくだろう。

 

革命

そんな悲しみに暮れていたお盆。高原の目に飛び込んできたのはテレビの中、川で遊ぶキッズたちのなんとも楽しそうなLUNCHTIMEであった。

 

そのキッズたちと一緒にいた芸人が持っていたドラえもんひみつ道具にも等しいアイテムが高原の目を強烈に惹き寄せる。

 

 

そう、もう分かりますね。

 

 

 

 

 

 

ほっとさんどめぇかぁ~パンパカパーン♪

f:id:stakahara3522:20170816224810j:image

 

購入したのはMARUSEI唯一のホットサンドメーカー

 

「あつあつホットサンドメーカー」1980円(税込み)だ。

 

 

なぜ唯一か分かるかって言うと、レジのおばちゃんに確認したから。

 

食い気味の「ぁん、それしかないよーっ」。

 

 

あっそう。

 

そんなこんなで我が家、独り住まいの高原家にホットサンドメーカーがやってきました。

 

これでもうあれよ。

 

 

 

もう、お昼はランチタイムよ(意味不明)。

 

 

そう、明日のお昼はホットサンドで決まりだね。

 

おしゃれなカフェでもあればよかったんだけど、食べる場所は近くのコンビニイートインって決まってるんで、おしゃれ度でいったら2/100ぐらいなんだけど。

 

まぁ、毎日うどん食べるよりはいいじゃない。

 

開封 

では改めて依頼品を見てみよう。

 

f:id:stakahara3522:20170816224837j:image

 

う~ん。

 

f:id:stakahara3522:20170816224859j:image

 

このメイド・イン・チャイナがまたたまらないね。

 

 

深くは言わないけど、安っぽさがすごい。。

 

では中身を見てみよう。

 

f:id:stakahara3522:20170816224929j:image

 

ほぅ( ω )。

 

f:id:stakahara3522:20170816225016j:image

 

hohoho( ω )

 

f:id:stakahara3522:20170816224953j:image

 

ほーーーぅ!!!・:*+.\( °ω° )/.:+

 

なんだかんだ出してみるといいじゃない〜!!

 

説明書はこれだけ。

f:id:stakahara3522:20170816225207j:image

 

一人暮らしの壁に「え、ほんとにこれだけっ?」って声がこだまする(/・ω・)/エーシー

 

さすがMADE IN CHINA。無駄がありませんっ!

 

 

時間もありませんっ!闘いはキッチンに舞台を移します。

 

調理

f:id:stakahara3522:20170816225234j:image

 

はいサクサクいってみよう。

 

 

ぱんサクッ

f:id:stakahara3522:20170816225252j:image

 

 

はむサクッ

f:id:stakahara3522:20170816225330j:image

 

 

ONION saku

f:id:stakahara3522:20170816225353j:image

 

 

玉ねぎってこんなに分厚く切って大丈夫なのか?とか思いながら、まぁ火通すしと無視。

 

 

ここで昨日スーパーで買った食材を紹介しよう。

 

 

 

 

 

だいこんである。

f:id:stakahara3522:20170816225412j:image

 

 

ピーラーで皮をむくとどことなくたくましいだいこんさん。

f:id:stakahara3522:20170816225427j:image

 

 

これも玉ねぎの上に。

f:id:stakahara3522:20170816225445j:image

 

 

そこにすかさずハム。

f:id:stakahara3522:20170816225505j:image

 

 

マヨ。

f:id:stakahara3522:20170816225523j:image

 

 

ぱん

f:id:stakahara3522:20170816225542j:image

 

 

ぱたんっ

f:id:stakahara3522:20170816225641j:image

 

命を吹き込む

さぁ、ここからですっ!

 

食材の形、味、旨み、その全てを文字通り閉じ込めた鉄の塊を高原が華麗にコンロへ移動させて行くぅー!!

f:id:stakahara3522:20170816225618j:image

 

 

そして火を・・・

 

f:id:stakahara3522:20170816225749j:image

...(/ω\)

 

 

f:id:stakahara3522:20170816225816j:image

Σ \(・ω・\)ツイター

 

 

ここまでくれば一安心よ。もう後は待つのみ。

 

パソコンを立ち上げ、ブログを書く準備を始める。いつものズートピアのトップ画が僕の瞳に映し出される。

 

そこでふと考える訳です。

 

ホットサンドメーカーって自動ものならまだしも、加熱式は大体何分待てばいいわけ?

 

即座に「ホットサンドメーカー 何分」で検索。

 

 

 

5分らしい。

 

 

但し、ちょくちょく確認する事。とのこと。

 

 

さいですかー。じゃあ一応確認してみますか。

 

f:id:stakahara3522:20170816225947j:image

 

 

クパァ

f:id:stakahara3522:20170816230003j:image

 

Σ(((◎_◎;)))!?!?!?

 

 

ははははあああああああああああああああああんんんんんん~~~~~~

 

 

めっちゃこげとるーーーーーーーーーーーーーっ_(:3」∠)_

 

惨劇回避

開けるや否や(as soon as~)天啓にうたれた俺は菜箸でデーモン(黒焦げのパン1枚)を墓地へ(ゴミ箱)。新しい食パンをフィールドに召喚し、ターンエンド(再度加熱)。

 

30秒に一回確認を繰り返し、その努力はすぐさま身を結ぶ。

 

f:id:stakahara3522:20170816230036j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天才だ。

これを天才と言わずなんと言う?

 

 

アミバ」なんて言うやつはパチンコのしすぎだからMARUSEIに行け。

 

 

完成 

そして出来上がったホットサンドがこれだぁぁぁぁぁっぁんぁんぁんっぁっぁーん!!!

f:id:stakahara3522:20170816230057j:image

 

 

 

 

言うな。

 

 

 

分かってる。

 

なんかトーストで挟んだだけみたいな感じなのは分かってるから。

 

でも大事なのは見た目じゃないんだよ。味な。ちなみに断面はこんな感じ。

 f:id:stakahara3522:20170816230130j:image

 

いただきますっ。

 

 

 

 

あっ

 

 

 

 

あー、これねっ

 

 

 

 

アー(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たなねぎが生だねー(*´Д`*)アーーーン♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※残りはスタッフがおいしく召し上がりました。

【スポンサーリンク】