僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

大学職員面接対策Q&A!Part.1【回答編】

【スポンサーリンク】

f:id:stakahara3522:20170608014152p:plain

こんばんわ。今日の手作り弁当は炊き込みご飯とシュウマイでした。スクールブロガー高原です。

 

 

ちなみに明日の弁当も炊き込みご飯とシュウマイです。

 

 

さて今回はパート1の質問に対し、私が実際にどのような回答を行っていたかを載せたいと思います。

www.stakahara522.com

志望動機等、大学にバレそうな回答は公表できないもの・言い回しを変えているものや、回答がいまいちなものも多くありますが、参考にしていただければと思います。

 

皆さん面接はいかがでしょうか。私事ですが、いとこが内定を貰ったそうです。嬉しいですね。

 

今後はこの「回答編」と先日から載せている「質問編」の2つを展開していきます。大学職員を目指す皆さんも、そうでない皆さんもこの記事が内定獲得に少しでも役に立てばと思います。

 

では参ります。

 

 

 

①自己紹介

「期待を超える」事に努力を欠かさない。幼い頃のスポーツでの経験を通じてこのように考えるようになった。「期待を超える」という努力をより大きなフィールドで挑戦したいと考え、現状はメガバンクの総合職として「社会の期待を超える」事を目標に日々業務に取り組んでいる。今後はこの「社会の期待を超える」という人生の目標を御校の大学職員として目指したい。

 

②志望動機

【目標】

「社会の期待を超える」夢の実現の為。

 

【銀行員としての限界】

最も業界の広い銀行で世界中の社長を応援・サポートし、共に世界で活躍する事を目標に努力してきた。しかし銀行もボランティアではない為、融資を検討する際には企業の財務内容や業績を通してほぼ100%安全と言える状態でしか貸出を行うのは無理。中には研究開発の為、費用が先行し、業績が悪い企業や夢を語りながらも銀行から融資を受けれず起業が出来ない企業が無数にあった。そんな企業の中にも、もしかしたら社会の期待を超える発明やアイデアを持った企業があったかもしれない。事業法人である以上仕方のない事だが、それでは企業の可能性、「社会の期待を超える」可能性も限られてくる。銀行での活躍、また自分1人の活躍だけでは夢の実現に要する時間も活動量も足りない事を実感した。

 

【大学職員としての可能性】

社会で活躍する為の思考力やそれを培う環境の土台作りに全力で支援する事で「社会の期待を超える」夢を実現する。大学生は人生の中で将来についてよく考えさせられる場所。自身の将来について希望を持てる環境づくりと希望を抱く将来、夢の実現に対して全力でサポートし、自身の夢をより大きな規模で達成したい。

 

【志望大学を選ぶ理由】

公表不可。

 

③前職(or学生なら学校等)の内容

【業務内容】

法人部門の営業担当として中堅中小企業を50社程度担当しており、日常業務は「営業」と「管理業務」が主。

 

 

【営業】

法人のお客様を対象に金融における課題解決に取り組んでおり、資金調達は当然ながら、事業における様々なリスクヘッジから個人の相続まで幅広に相談している。営業において最も大切と学んだ事はお客様の潜在ニーズを見出す事。事業を継続する上で発生する様々なリスク、課題についてはお客様自身も気付いていない事が多々ある。常に課題・改善余地はどこにあるのか検証を繰り返す事で真に顧客本位の提案ができる。相手が課題に気付いてからでは担当者がついている意味がない。お客さま以上に企業について分析し、課題解決の糸口を探すのが営業では大切。

 

【管理】 

顧客の財務、業績、経営状況の定期チェックを定期的に実施。決算書の分析から企業の在庫状況まで幅広く実態把握に努めた。また、お客様の管理だけでなく、拠点の収益の管理や各担当者毎の案件進捗状況の管理にも携わってきた。

 

④前職において培った能力・得たもの

 

営業や仕事において大切なのは物事の本質を考える事。お客様は最終的に何がしたいのか、業務や手続きは何のために制定されているのかを常に考える事で相手の求めるものを正確に把握することが出来る。お客さまならさらに期待を超えるサービス、提案が可能になり、事務や業務については「作業」にならず、ちょっとした状況の変化にも対応できるようになる。銀行では何を行うにしても理由があり、法令や手続きも時代に伴って都度変化してく為、常に理由を考える事が大切。何事も本質を考えながら行動する事が重要と学んだ。

 

⑤大学の体制について(一貫教育等)

教育機関の基本理念や方針に基づいた教育が受けられる為、幼少期から独特な授業や一般的な公立校等では受けられないカリキュラムを受講する事が出来る。御校の場合、●●の制度から国際社会で活躍し貢献できる人材の育成方針に沿った制度が組み込まれている事が分かる。一貫教育では幼少期から学生たちの将来の選択肢を拡充すると共に多種多様な人材を育む工夫がなされていて子供たちが幼少期に過ごす環境としては素晴らしいものだと考える。

 

⑥最近のニュース

最新のものを新聞、ニュースから採用下さい。

 

⑦強み、弱み

【強み】「検証力」

相手の潜在ニーズを分析する力。銀行の営業で培った。商品ありきの提案ではいくら頼んでもお客さまは首を縦に振らない。相手が気付いていないニーズは何なのか、企業や個人の課題・改善点は何なのかを分析・検証して相手の立場に立って考える事がお互いの利益につながる事を学んだ。習慣づけて行ってきたこの分析力は強味の一つ。

 

【強み】「実態把握力」

業務における予防と管理の力。銀行業務は金商法等の法令を遵守する必要がある為慣れ親しんだ業務も必ずダブルチェックし、事務ミスによる無駄な時間を予防する。また、顧客の財務状況や拠点の収益管理、各担当者毎の進捗管理も行ってきた為、目標や業務完了までに何が足りないのか、いつまでに何をしなければならないのかという事を常に意識し、前広な対応を意識している。

 

【弱み】「断れない」

依頼事項は断らずに一度受け、まず取り組んでみる。業務量が過大になる場合が多いが、自身の優先順位のつけ方、業務の効率化につながった。また、依頼された業務を一部他者に協力してもらい、誰をどこで活用すればいいか等の案件や業務での突破力が身についた。今では依頼される業務の期限を都度確認し、手許の業務量を考慮しながら動く事で前広に対応できるようになりつつある。

 

 

⑧最近読んだ本(タイトル/作者/簡単な内容・印象に残った点等)

【なぜ世界のエリートはこの基本を大事にするのか?】 戸塚隆将

・仕事における基本動作 

・ほうれん草・優先順位のつけ方・会議で発言しないと欠席している事と同じ

 

【眼力】斎藤一人

・偏見をもたない事 

・微差が大差 

・小さい事に気付く力が大切

 

【シングルマザー28歳の黒ギャルが年収1000万を達成した話】金田貴子

・行動する事が大切

 

【7つの習慣】 スティーブンRコヴィー

・主観的である事(自身の価値観を通して世界は見るべき)

・目的を持つこと

・重要事項を優先する事(マトリクスによる優先順位のつけ方)

・公的成功を意識する事(信頼を築く事)

・Winwinを考える

・相手を理解してから自分を理解してもらう事

・相乗効果を発揮する(主観的なものの見方には限界がある。ほかの人の考えにも触れる事)

・刃を研ぐ(健康状態を保ち、新しいことを学びそれをアウトプットしてパラダイムを広げていく)

 

 

⑨各キャンパス名・学部

公表不可。

 

 

⑩語学スキルについて

海外に父の仕事の関係でフィリピンに9年間滞在しインターナショナルスクールに通う。TOEIC950点。現在は日本に滞在している海外の友人と出かける際に英語を積極的に使うようにしている(嘘)。ビジネス英語は今後学んでいく必要があるものの、日常会話なら特段問題なく話せる。

 

 

 

言い回しも、内容も実際のものとは少し異なる点もありますが、基本的には変わらないはずです。今後も定期的に「質問編」と「回答編」アップしていくので皆さん頑張って下さい!

 

【スポンサーリンク】