僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

「明日会社爆発しろ」という君の願いが叶う3つの可能性について。

【スポンサーリンク】

f:id:stakahara3522:20170316020432p:plain

銀行員であれば一度は、いや、一日に一回は頭をよぎる切なる願い。

 

 

「明日出社したら支店爆破されてねーかな」

 

 

これにピンときた君、おめでとう。君はもう立派な銀行員だ。

 

銀行員でないのにピンときた君。おめでとう。君は既に一流の銀行員と同等の環境で戦っている事を私が保証しよう。元3流銀行員の私が言うのだから間違いはあるかもしれない。

 

高原も銀行員時代どうすれば会社が跡形もなく吹き飛ぶのか、帰り道良く思考を巡らせたものだ。今日はこれを記事として、全国の愛社家たちに共有したいと思う。

 

 

自ら手を下すのはナンセンス。求めるのは自然な会社ぶっ飛び。

f:id:stakahara3522:20170316020617p:plain

まず読者の皆様にお伝えしたいのは我々愛社家たちが決して自ら会社を爆破したいとか、はたまた倒産させたいなんて一切考えていないという事。なぜかって?

 

 

それはそんな事したら捕まるから。

 

情勢が不安定な新興国だったらともかく、法治国家大日本帝国においてこれは全く持ってナンセンス。自らの地位を、日常を犯すなんて、リスクヘッジのプロである我々をバカにしているとしか思えない。喝だ。それなら仕事を辞めた方がよっぽどいい。

 

 

「だったら会社辞めろよ」と心無き人は言うかも知れない。でも違うんだ。我々はただ単純に「会社に行きたくない」という、小学生が「学校に行きたくない」と感じる事と同じ、純粋な心の叫びを口にしているだけに過ぎない。むしろ「会社行きたい、仕事最高ー☆」と言っている方が我々には恐ろしく、過労死という言葉まで生み出した日本国の闇を感じずにはいられない。

 

 

生きていく上で必要な仕事という収入減を手放すのも正直怖くて出来ない。でも会社には行きたくない。そこで苦肉の策として行き着いたのが「会社爆発」という訳だ。手段を持たない我々愛社家たちの精一杯の抵抗を、どうか許して欲しい。

 

 

つまり、「給料の支給には支障のない範囲で会社が爆発」してくれたらすごく嬉しい。

 

自ら手を下さずに会社が消滅する可能性とその要因

f:id:stakahara3522:20170316020821p:plain

自ら会社に手を下さないとすると頼るべくは外部要因の数々。起こりうる可能性として高原が厳選した下記の3つの要因について順に検証してみよう。 

 

① 日本3大災害

f:id:stakahara3522:20170316020945p:plain

自然災害大国日本。日本の国土面積は378,000㎢と全世界の0.28%しか無いにも関わらず、全世界で起きるマグニチュード6以上の地震の20%近くが日本で起きる。近年ではM7クラスの首都直下型地震が専門家からいつ発生してもおかしくないと言われている。さらにこれに付随して発生する津波や、毎年同じ周期で発生する台風も日本で起きる災害としては無視出来ない。地震津波、台風。日本の3大自然災害だ(勝手に決めた)。

 

 

しかしこれらの災害には幾らか問題がある。

 

 

まず、地震津波。規模がでかすぎる。一見、交通手段が止まり、会社に行かなくていいように見える。一般企業にとって会社は全面的に休み!というところもあるかもしれないが、銀行にとっては効果はいまひとつのようだ。

 

銀行は一般市民の生活を支えるという使命を感じている為、もし交通機関が停止したとしても最寄りの支店に臨時配属されるシステムになっている。地震津波等の大型災害時においては逆に休日でも出勤しなくてはいけないリスクが伴う為本末転倒だ。

 

 

じゃあ台風はというとこれもゴミ。台風はほんとに雨が強くなるだけで、ただただ不快。学生時代からの再三の応援、期待に対して、交通機関を止められないどころか、急に韓国の方にスライダーしながら裏切って来た奴らに、局所的に会社を破壊するという期待を寄せる愚行は滑稽という他ない。

 

 

正直災害は大変だし福島や熊本の現状を考えるとあまり起きて欲しくはない。

 

 

② 犯罪者によるビル爆破

f:id:stakahara3522:20170316021105p:plain

自分で手を下すのは禁じ手だが、他人が手を下す分には応援する。部活に行きたくない野球部員が雨雲を応援するのと変わらない心理状態だ。

 

しかし犯罪者が会社に行けなくなる程に職場を破壊するとなると相当な大規模事件になるに違いない。殺人は避けられないかもしれない。これを踏まえて、日本における犯罪情勢を指標に今後職場で犯罪が起きる可能性について検証してみよう。

 

日本は世界で最も安全な国!勿論、日本も100%犯罪がない国というわけではないから、注意することは必要であるが、一人旅をしても、また夜歩きをしても、ことさら誘拐や引ったくりなどの心配をせずに観光を楽しめる、旅行者の安全な安息所/避難所である。

 【海外の反応】「日本は 世界で最も安全な国!」 : 【海外の反応】あうとばーん より

 

日本は犯罪率は世界でも最低水準にあり、安全な国として知られています。2015年の犯罪率はさらに低下し、戦後最低となったことを警察が発表しました。

 「日本の犯罪率はなぜこんなに低いの?」海外の反応いろいろ:らばQ より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。(´・ω・`)

 

 

 

そう、日本は安全なのだ。職場を破壊するほどの事件となると数年に1度の大規模事件になるだろう。そんな数年に1度の舞台として自分の職場が選ばれる可能性と、(恐らく、事件を起こすなら営業時間内なので)その大規模事件に巻き込まれるかもしれないという危険性を考えると、うーん。コスパが悪い。

 

 

巻き込まれるくらいならいっその事平和でいい。そう思ってしまう。

 

 

③ 国際テロによる会社ビル崩壊

f:id:stakahara3522:20170316021324p:plain

今後日本人の手によって高原の職場が爆破される可能性は限りなく低い。国内の可能性を除外すれば残るは海外の犯罪組織によるものしかない。しかも2020年に日本は東京オリンピックの開催も控えている。国家としてもテロの可能性は否定出来ない。

 

では今後、日本国内で職場が爆破される可能性はどれ程なのか。ネットを使って調べてみるが有力な情報は得られなかった。何をするかも、いつ実行するかも分からない海外犯罪組織の犯行可能性を数値化するのはどうやら不可能のようだ。

 

一方で、軍事ジャーナリストの黒田文太郎さんが「テロで狙われやすい場所」という内容の記事を書いていたのでこれをもとに検証してみよう。

 

◆テロで狙われやすい場所
  • 観光地
    大使館やサミット開催地など警備が強い場所より、たくさんの人が集まり、気軽に行き来できる観光地が危ない
  • 欧米人の多い街
    イスラム国は主に白人をターゲットとするため、日本なら六本木など欧米人が多い街に要注意
  • 地下鉄(ラッシュ時)
    ガソリンによる放火など、比較的実行が容易な手段で大きな被害を出せるだけに、テロ集団から狙われやすい

 日本でテロに狙われやすい場所はドコ? より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の職場は今後もどうやら安全そうだ。

 

平和が一番

f:id:stakahara3522:20170316021417p:plain

今後も僕の職場が爆発する事は恐らくないだろう。地震も犯罪もテロも、起こらない事に越した事はない。そんな事は分かってる。

 

 

でも分かってほしい。こんな事を言うのも、僕らが毎日真面目に働いているからだと。可愛い僕らの冗談をどうか温かく見守って欲しい。そんな願いを込めながら今日の記事は締めくくろうと思う。

 

 

明日も早いし、そろそろ仕事に備えて眠りにつくとしよう。

 

 

あー、明日会社爆発しねーかなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんとマジでお願い。

【スポンサーリンク】