僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

【どうなる!?】朝の5時までブログ書いて大学職員遅刻した結果

【スポンサーリンク】

 

f:id:stakahara3522:20170305152330p:plain

朝、目が覚めると10時30。携帯には3件の不在着信。

 

 

「あれ、、今日会社じゃなかったっけ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもこんにちわ。先日朝5時まで記事を書いていたスクールブロガー高原です。はい、寝坊しました。「こうなったら徹夜するか」と決心したのに、その15秒後に「仮眠なら大丈夫かな?」とブレブレな判断を下したのが今回の敗因でしょう。

 

銀行では「何があっても這いつくばってでも出社しろ」と、「遅刻しようものなら殺すぞ」ぐらいで教えられてきた高原。大学職員で遅刻したらどうなったのかについて今日はレポートします。

 

ひとまず連絡

f:id:stakahara3522:20170305152611p:plain

走馬灯のように駆け巡る昨日の記憶。人って死ぬ前以外にも走馬灯見るんですね。はい、朝の5時までこの記事を書いてたのが今回の主因です。

www.stakahara522.com

全く聞こえなかった10件のアラームとスヌーズに、「お前らもっと頑張れよ。。」と謎の八つ当たりをしながら、液晶に映る不在着信にまた大きなため息をつく高原。

 

起きて、集合時間を大幅に超えているこういったケースで言い訳は通用しません。大学の部活動で遅刻の言い訳をした時に、ゴミを見るような目で後輩に睨まれたので間違いありません。てわけで電話してみました。

 

 

高原「あ、お疲れ様です。高原です。」

 

主任「おお、ど、どうした笑 大丈夫か笑」

 

高原「あ、はい、、大丈夫です。」

 

主任「そ、そうか笑 え、出勤できる状態ではある?笑」

 

高原「はい、すぐ出勤できます。」

 

主任「あ、じゃあ体調が悪いとかじゃ、、?」

 

高原「はい、残念ながら体調はいいです。」

 

主任「そ、そうか笑 良かった笑 あれかな?今起きたとかかな?笑」

 

高原「あ、はい。申し訳ありません。今起きました。」

 

主任「う、うん笑 じゃあ落ち着いて来てくれればいいから笑」

 

高原「はい、すみませんでした。」

 

ピ、プープープー。

 

 

普段より3時間も多く寝てるんだから。体調は万全だよ主任。。

 

でも過ぎてしまったものはしょうがないのでとりあえずシャワーを浴びにお風呂へ。よく寝たからか顔の仕上がりが良い。スッキリしてる。

 

死にたい。

 

社長出勤

銀行員時代も寝坊なんてした事なかったのに、と暗い気持ちで家を出ます。そしたら、

f:id:stakahara3522:20170305152850p:plain

くそ快晴だったんですよね。

こんな写真携帯のカメラで撮れるんだ、と自分でも感心するぐらいの快晴で、なに晴れてんだよ。。。と太陽にも謎の八つ当たりしながら駅へ。毎朝の駅までダッシュも、満員電車もないめちゃくちゃ快適な出勤でした。いつか社長になったらこうしよう。

 

そして出社。一目散に課長の元へ。

 

課長「おお笑 どうした、誰にも言わないから言ってみろ言ってみろ笑」

 

いや、お前知ってる時点で遅えよ笑。

 

 

他の人もくすくす笑ってましたが特にやばいという雰囲気はありませんでした。むしろ未だに馴染めずにいた職場へのアイスブレイクになってくれた気もします笑。まあ、社会人として許される事ではないですが。

 

結果、正直あまり怒られなかった。

f:id:stakahara3522:20170305153051p:plain

寝坊は社会人にとってご法度です。銀行員なら即アウトでしょう。大学職員も決して許される訳ではないですが、とりあえず銀行員よりは大丈夫な気がします笑。これ見られたら殺されるんだろうな。。

 

今後は大学職員もしっかりやって、ブログも早く書き上げるスクールブロガーの鑑になれるよう、頑張ります。皆さんも、夜更かしはほどほどに。。

【スポンサーリンク】