僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

銀行員総合職は大変!?就職前と後の答え合わせをしてみた。

【スポンサーリンク】

 

f:id:stakahara3522:20170226114234p:plain

 現在某大学にて事務員を行っています。残業が嫌で銀行から転職した訳ですが、繁忙期に突入した大学職員の高原は何故か今、銀行時代よりも多くの残業に見舞われています。こんばんわ、スクールブロガー高原です。

 

え、やばい。大学職員残業めっちゃ多いんだが。

 

 

仕事が終われば家に帰って18時ぐらいにおふとぅんの上でテレビを見てるはずの高原はいまだ執務室で年度末の更新作業に追われています。何が起こっているんだ。金曜夜は家で鍋パの予定なんだけど全然間に合いそうじゃないし、洗い物やばいし、正直ブログ今書いてる場合じゃない。

 

 

書くけど。

 

 

そんな大学職員の新しい一面を目の当たりにしながら働く高原ですが、今日は大学職員ではなく前職の銀行の営業時代について皆に紹介しよう!

 

銀行就職前

新卒時代、メガバンクに内定を貰った高原は今後働く事になる会社の実態を掴むべくネットサーフィンをする事にした。情報化社会の現代日本。調べて分からないものはない。新しい環境、ましてや人生の新章とも言える社会人としてのあの独特のワクワク感と期待を胸にグーグル先生や2ちゃんねるまとめサイトで「銀行員」「営業」で検索を書ける大学4年生の高原。

 

 

f:id:stakahara3522:20170226085621p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:stakahara3522:20170226090036p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:stakahara3522:20170226085849p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な、なんちゅうまとめが、、、初見の、ましてや検索画面の一番上に表示される死刑宣告に齢21の高原も冷や汗を禁じえません。

 

 

 

ここで内定前の精神を安定させるべく、高原の自己防衛機能が働き始めます。

 

 

 

い、いやいやいやいやいやいやいやいやいや笑

 

んなわけないやろー笑 た、た確かに大変とは聞いたけど周りの人がどうせ面白おかしく書いただけだって笑

 

だ、だだだだだ第一人多いし!銀行人多いし!母数多いんだから辞める人も多いに決まってるじゃーん笑 同期だけで1000人オーバーなんだから当然当然笑 割合で言えば変わらないでしょ笑 まだ一回検索かけただけやし、驚かせんなやー笑

 

 

 

そう、笑顔は精神に安定を。心に安らぎをもたらします。

 

 

気を取り直してもう一回。

 

今度は「銀行員」「楽しい」で検索。

 

 

f:id:stakahara3522:20170226094656p:plain

 

 

あるじゃない、あるじゃな~い(;´・ω・)=3

 

気になるのは良かった事の後にすぐ悪かった事がついて回ってる事と、タイトルにもろ「元銀行員」って書いてて既にこの人が銀行を退職してるって事が一瞬で読み取れるという事ぐらいかな~。。

 

 

 

......(;´・ω・)

 

 

 

......(;´・ω・)と、とりあえず見てみよう。。

 

 

 

見てみると良い点、悪い点が5つずつ紹介されていてこんな感じ。

 

【良い点】

①給料が良い

②社宅が安い

③休みが多い

④中小企業の経営に携われる

⑤女の子が可愛い

 

【悪い点】

①やたらしきたりが多い

②やたら細かい

③やたら検査・監査がある

④やたら目標が厳しい

⑤やたら飲み会が多い

 

 

 

 

 

 

 

良い!これは良いぞお!

素晴らしい記事だ。シェフ(作者)を呼んでくれ。拍手を送りたい。

 

「やたら」が少し多い事が気になるとこだが、給料が高くて、休みが多くて、なにより、そしてなにより、女の子が可愛いだと?求めまい、もう何も。これ以上何を求める事ができるのか。

 

それからというもの、「銀行員」「最高」、「銀行員」「幸せ」と検索を続け、高原の精神は安定どころか高まりすら感じられるものになっていた。4月から始まる銀行員への期待の種はすくすくと育ちつつある。そんな気がしてならなかった。しかし、その年の7月。2013年。数々の賞を総なめにし作中のフレーズが流行語大賞にもなった、世の中に、そして何よりも高原に激震を走らせたドラマが放送される。

 

 

 

 

 

 

 

そう、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半沢直樹」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁアアアア!!!!!!!!倍返しって何ィぃぃィぃぃぃぃぃ!!?!?!?

 

就職後(答え合わせ)

そんな内定時代を過ごした高原だが、事前のポジティブネットサーフィンが功を奏したのか無事鬱になる事もなく、銀行員高原翔としての新たな一歩を踏み出し始めた。かれこれ2年半働いた訳だが、ここで答え合わせと行こう。まずはあの記事から。

 

 

【良い点】

f:id:stakahara3522:20170226114843p:plain

 

 ①給料が良い

→普通。手取りは20万前後といったとこだろうか。仕事量、ストレス等に対してあの金額は当然だし、ボーナスも大した事はない。メーカーで働く友達のボーナスが倍以上あって悲しみに襲われる。でも毎年給料は月2万ぐらい上がる。役がつくと跳ねる。月10万アップぐらいだったかな?7年ぐらいかかる。

 

 

②社宅が安い

→正解。寮は比較的安い。3万弱で住める。良心的と言えよう。但し、トイレ、お風呂は共同。ましてや女の子を連れ込むなんて言語道断だ。実家から通ってた高原も一度ぶち込まれそうになるが回避。連れ込む女の子はいないが、実家で自動で温かいご飯が出てくる環境に依存。

 

 

③休みが多い

→少なくないが、多くもない。基本的に暦通りなので不平等感を感じる事はない。ネットで土曜日も銀行を開こうみたいな記事を見かけては殺意を覚えるがそれよりも「本当に土曜日出勤始まったらどうしよう」と震えが止まらなくなる。でも当分は大丈夫なはず。始まりつつはあるが。。

 

 

④中小企業の経営に携われる

→半々。銀行について+担当企業について相当な勉強をすれば社長も有能なアドバイザーとして見てくれる。かも。若手でも赤字企業を自分の提案で黒字にするような同期からも一目置かれる存在は少なからずいる。しないと社長から飛んでくる無茶ぶりを捌き続ける日々。勉強やる気があれば間違いなく最高のやりがいになるはず。

 

 

⑤女の子が可愛い

→確かに可愛い。が、人海戦術的なものを感じる。高原の拠点は可愛い女性が多かったはず。拠点内恋愛は少々ドロドロしている印象。ゴシップガールズになった気分に浸れる。

 

 

【悪い点】

f:id:stakahara3522:20170226115128p:plain

 

①やたらしきたりが多い

→伝統は多い。昔からこう!というものが変わる風潮はないが、基本的に異動時の見送り方や歓送迎会、節目の打ち上げ時等業務に携わるものは少ない。あまり気にはならない。

 

 

②やたら細かい

→正解。これは仕事柄仕方がない。一年目は「え、こんなことも???」とルールの多さに戸惑うが、慣れれば逆に各々のルールに対するこだわりが生まれてくる。学生時代くそ適当「もーまんたい」芸人だった高原も今では割とこれに感謝。そこらのメーカーで働くよりもしっかりした対応、論理的な考え方が身に付いたと錯覚している。

 

 

③やたら検査・監査がある

→そうでもない。銀行内で行われる裁量臨店等は一年に一回程度の印象。金融庁検査等の外部検査の頻度はもっと少ない。それ以外の、机の鍵締やロッカーの鍵締、顧客情報を外に出していないか等の簡単なチェックは日常的にある。慣れればどうってことない。上司が開店前に行う臨時の抜き打ちチェック時は「昨日鍵絞めたっけ!?!?」と滝のように汗が出た一年目の朝はいい思い出。

 

 

④やたら目標が厳しい

→厳しい。基本的に達成できない(高原は)。しかも個人の目標を達成しても課の目標が達成できていない場合、更なる収益を要求される。さらに、課が達成しても拠点が達成していない場合同様の事態が発生して個人で達成していてもやり場のない怒りを感じるようになる。高原は基本的にやり場のない怒りを発生させている側。

 

 

⑤やたら飲み会が多い

 →飲み会は多い。拠点全体の異動や打ち上げ時の飲み会に加えて仲の良い同僚との飲み会も合わせると最低週3は飲む。でもそれが楽しい。心の支え。

 

www.stakahara522.com

 

倍返しはしない。される。

f:id:stakahara3522:20170226114607p:plain

 

半沢直樹はかっこいい。かっこいいが高原が同じ事をすればとんでもない事になる。大事なお客さんに対して「土下座して貰います」等と口走った日には高原が上司と土下座させられている事だろう。

 

倍返しなんて滅相もない。そんな銀行からお金借りたいと思います?笑 今まで貸してきた金全部返済されるリスクが500%ぐらい高まるんで半沢直樹に憧れた人には申し訳ないですが、お客さんに「倍返し」されないよう、貸したお金は「返さないで~、お願いだから返さないで~」と上手く交渉できるようになりましょう。

 

辞めていく人は多い。悲しいが羨ましい。

辞めていく人は多いです。母数が多いし、銀行員の「しっかりしてる」というイメージが転職に向いているので仕方ない気もします。研修に集まる度に同期が減っていくのは最早研修の楽しみの一つかもしれません。誰々があそこに転職した。誰々は結婚。と、銀行の生活から抜け出したパイオニアたちの背中を見ながら「いつか俺も」と誓った1年目の冬。ようやく、抜け出せたわけですが転職先は転職先でいろいろ大変です。

 

 

 

 

嫌で嫌で銀行から転職しましたが、それでも得るものは多いのが銀行の実状。個性的な社長の考えや銀行員としての作法、課題の乗り越え方は今でも非常に重宝しています。働いて良かったと思える銀行に今では感謝する事も多いです(辞めたからかもしれませんが笑)。

 

 

 

解答)銀行員は大変だけど悪いところではない(はず)。

 

 

銀行員に内定した新社会人諸君!答えは自分で確かめてくれ!

【スポンサーリンク】