僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

仕事辞めてもいいと思える程の夢がない事に絶望してる

【スポンサーリンク】

f:id:stakahara3522:20170216014918p:plain

皆さんはピースの綾部という男性をご存知だろうか。

 

 

ピースは2003年に結成した、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。キングオブコント準優勝や持ち前のトークで知名度は中々のもの。最近では綾部の相方・又吉が「火花」という書籍で第153回芥川賞を受賞したニュースが記憶にも新しい。そんなピースで綾部はツッコみを担当している。

 

そんなピースの綾部が今年4月から単身渡米。今の生活を捨て、アメリカでハリウッドに挑戦すると宣言している。

 

 

何を言っているんだこいつは。

 

 

 

 

 

 

でも正直羨ましいと思ってるのは僕だけですか?

 

周りが見えなくなる程の夢

自分の生活を顧みずに、ただただやりたい事を追い求めるパワーは凄い。「何が何でも実現させる!」という、周りの反対を押し切ってでも自分の夢や目標を追いかけた経験、あなたにはないだろうか?

 

私も高校の強豪野球部に入る為だけに高校受験をして唯一の初心者として入部した時は周りから散々止められたが、ほんと、もう少し強めに止めて欲しかった。それでも止まらなかった「野球部に入りたい」という当時のパワーは凄かったと思う。今ならお願いだから共学に入ってくれと土下座してもいい。

 

そんなどうしようもなく叶えたい夢が今自分にはない。世界一周してみたいとか、腹筋モナ王みたいにバキバキに割って女の子に触られたいとかそういう将来やってみたい的な夢はたくさんあるが、実現に向けて行動は特にしていない。それは心のどこかでで「まあ、別に叶わなくてもいい」と思っているからだろう。

 

そんな境遇にいる自分が悲しいと同時に悔しく感じるのは僕だけでしょうか?

 

きっと僕だけじゃない

f:id:stakahara3522:20170216014703p:plain

悔しい。自分の今後の生活がある程度予想出来てしまうのがたまらなく悔しい。どうせならある日急にいちごパンツの女の子にモテまくるとかいう魔法にかかって押入れに閉じ込められたさつきとかいう女の子とイけるとこまでイける無茶苦茶な人生を生きたいが、そんなマンガみたいな筋書きは僕の人生にはない。

 

仕事辞めたいと思えるほど、今の生活を捨てて突き進みたいと思えるほどの夢は今の自分にはない。

 

でも毎日同じような日常、人生は行きたくない。そんな贅沢を言う僕はどうすればいいんでしょうか。

 

オーディションに行こう

っていうのは冗談で、まずは小さな夢から叶えていこう。大きい夢がないなら小さい夢から。将来やってみたい事、いつか機会があれば試してみたい事、そんな小さな目標を実現する事から始めよう。

 

そう思った僕は明日から腹をモナ王にするべく毎日のV字腹筋を通して7月の熱海と8月のサマーランドを目指す。僕の腹筋を見たいちごパンツの女の子と楽しい夏を過ごせる事にかすかな希望を抱きながら綾部のアメリカでの活躍を心から応援したいと思う。

 

www.stakahara522.com

【スポンサーリンク】