僕が仕事を辞めるまで

〜大学職員を目指す君へ〜より自由でストレスのない生活を求める高原の冒険録。ツイッターはこちら⇒@takasho1140

【スポンサーリンク】

転職バージンはパレスチナ春香に会いに行け。

【スポンサーリンク】

 f:id:stakahara3522:20170215023852p:plain

銀行員2年ちょっと経ったところでそろそろ本格的に転職するかと考えた高原はそろそろ本格的に転職する準備を始めた。

 

でも転職ってどうすれば?転職するなら誰しもがぶつかる最初の壁「転職の始め方」。転職という世界に生み落された小鹿は震える指先でまず「転職」「やり方」で検索をかける。

 

f:id:stakahara3522:20170215010651p:plain

 

お気づき頂けただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

画面右下の1時(夜中)という時刻に。

 

 

そう、高原は今めっちゃ眠い。明日も仕事である。しかし、そんな半開きの目をこすりながら当時一度だけ活用した「リクルートエージェント」の記憶をこのブログに呼び戻す。そう、検索すると一番最初に表示される転職サイトだ。

 

リクルートエージェント

皆さんご存知リクルートグループの一角を担う転職サイト「リクルートエージェント」。登録すれば「リクナビNEXT」との連携により転職先の検索にも役立つほか、スカウトサービスという企業からの転職逆指名も受けられる機能が活用できる優れものだ。

 

しかし、なんと言っても「リクルートエージェント」最大の魅力はマンツーマンでリクルートの担当が転職についてサポートしてくれるという事。そう、転職先の選定から、ES、面接対策、志望動機作成まで、転職のての字からくの字まで、何から何までサポートしてくれる詐欺をも疑ってしまうような素敵なサービス。しかも無料で。彼らが「エージェント」の称号を持つゆえんである。

 

まずはサイトの登録。ここぞとばかりに個人情報をガリガリ打ち込み、希望の転職時期や業界についての入力を済ませる。入力したデータをもとにエージェントが選出され、後日担当エージェントからメールが来る。もちろん、私のところにもメールが来る。しかし、担当者名で一気に不安になる。

 

=======================================

高原様

 

平素よりお世話になります。

この度はリクルートエージェントにご登録頂き、誠にありがとうございます。さっそく、面談の日程調整を行いたいのでマイページより希望日のご入力をお願いします。

 

 

パレスチナ春香より

=======================================

 

 

 

 

 

 

 

パレスチナ春香より」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (´・ω・`)

 

 

転職対策面談

f:id:stakahara3522:20170215024431p:plain

嗚呼、やはり。詐欺。騙された。圧倒的騙され。2丁目のおネエみたいな名前から、典型的な出会い系登録に導かんとする詐欺サイトの迷惑メールと思ったが、そのアドレスは間違いなくリクルートのもの。とりあえず希望日を入力して面談だけでも受けてみる事に。無料だし。

 

東京八重洲口側にあるリクルートホールディングスビルの50何階かに会社帰りに訪問。個室に通され、パレスチナ春香を待った。しかし、現れたのはおネエどころか、普通にきれいな、普通の女性だった。

 

もっとゾーマみたいなインパクトのある女性を期待していただけに、パレさんの裏切りに軽くショックを受ける高橋。へこむ高原には目もくれず、パレスチナは面談を開始する。

 

エージェントとの面談に行く際はビジョンを明確に!

特に希望業界も当時まだなかった高原は志望業界も時期も未定だった為、面談はグダグダ。パっさんも、「あ、こいつまだ転職する気ないわ」と分かったのか最終的には「高原さん輝いてますよ!転職する必要あります?笑」と言い出す始末。必要なかったら来ないよパさん。。結局当日は転職の一般的な流れを聞いて、希望業界等のイメージがしっかりした段階で再度連絡する事に。結局しなかったが。

 

でも業界が絞れてる、志望動機が明確な人たちにとってはなかなか魅力的なサービスなのではないだろうか。無料でESや志望動機のサポートまで行ってくれるのは転職バージンの人にとってはありがたいはず。

 

それ以来リクルートエージェントに行く事なく、自力で転職する事が出来たが、もしあなたが今転職についての教えを、流れについての一般的な話を欲しているのであれば是非彼女に、パレっちゃんに会いに行ってみて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

現職の嫌なとこについて語る君はパレちゃんには輝いて見えているはずだ。それではおやすみ&ハッピーバレンタイン。

【スポンサーリンク】